2018年10月31日水曜日

全学連書記局通信に沖大学生自治会の投稿が載りました!


全学連書記局通信No.528
10.11
沖縄からの報告
 去る9月30 日投開票の沖縄県知事選では、玉城デニー氏が39 万6632 票を獲得し、自民党・公明党が応援する佐喜真淳氏に約8 万票の差をつけて勝利しました。この勝利は、改憲と辺野古基地建設を狙う安倍政権を打倒できる人々の怒りとうねりがあることを全国に示しています!
凄まじい勝利を勝ち取った。
——その力は労働者民衆の決起
 県知事選投開票日の翌日の地元紙で「大方の予想を覆して玉城氏勝利」(10・1 琉球新報)とあるように、今回の勝利は初めからわかっていたものではありませんでした。今回の県知事選は、安倍政権が持てる力を全てを使い、悪辣なことをやってでも佐喜真氏を勝たせようする激しい闘いだったからです。
 10 月24 日(予定)開会の臨時国会で9 条改憲を軸にした改憲を狙う安倍首相にとって、沖縄県知事選で負けることはあってはならないことでした。9 月20 日の自民党総裁選も圧勝する予定が、自民党員の45%が石破に入れ辛勝するという結果になっていたことを踏まえれば、なおさらです。
 まさに県知事選は「絶対に負けられない」闘いとして、異常な体制でおこなわれました。二階幹事長ら自民党三役が1 か月沖縄に常駐し、「特別な場合を除いて官邸周辺
から離れることはない」はずの菅官房長官も5 日間、沖縄入りしました。国会議員などが企業を回り、企業動員で社員に佐喜真氏への期日前投票を強制しました。そして、投票時には「佐喜真」と書いた投票用紙をスマホで撮影し、送ることまで要求しました。
10.21 国際反戦デーへ!
2018
辺野古基地建設絶対反対の怒りが勝利した県知事選

 しかし、金と権力で露骨な脅しと圧力をかけてくる安倍政権の姿は、沖縄の怒りの炎に油を注ぐものになりました。投票用紙の写真を送れという指示に対して、「佐喜真」と書いて撮影した後、書き直すという反乱も起こりました。沖縄の人々の怒りが安倍政権と佐喜真氏を倒したのです!  
 この県知事選が安倍政権に与えた打撃は計り知れません。改憲プランは完全に破産し、県知事選で協力した公明党は動揺し、自民党との改憲案の事前協議を拒否しました。安倍
政権は「自民党主導による改憲案提出」という強引な手法に訴えるしかないほど追いつめ
られています。
    
若者の反乱も始まっている!
 地元紙で「玉城氏が30 代を除く全ての年代で佐喜真氏を上回り」(10・1 琉新)とあるように、若者の決起が始まっています(出口調査なのでメディアによって数字に違いはあります)。沖縄の若者は非正規職の増加や貧困の中で、「基地問題」より「経済問題」に票が集まると言われてきました。そうした中でも、若者が「戦争・基地建設は許せない」と立ち上がり、非正規職の増加や貧困をつくってきた張本人である安倍政権に反乱を開始ことは決定的です!
10・21 国際反戦デーへ!
 安倍政権は、県知事選後も辺野古移設を進める政府方針は変わらないとしています。また沖縄県の承認撤回を取り消す法的処置の発動も狙っています。
 私たちは基地建設阻止・安倍政権打倒にむけ、県知事選に続き、10.21 国際反戦デーの闘いに立ち上がろうと訴えます。
 10・21 国際反戦デーとは、1966 年からの伝統を持つ日です。当時進行中だったベトナム戦争に反対して、世界の労働者や学生がデモやストライキで闘い、世界の労働者民衆の行動でベトナム戦争を終わらせた闘いです。
 今年の10・21 国際反戦デーは日本各地で反戦集会・デモ・学習会が開催され、アメリカでも「女たちのペンタゴン行進」が行われます。選挙だけではなく、日常の現場から声をあげていきしょう! ベトナム戦争を止めたように、社会の主人公である労働者と大学の主人公である学生がストライキとデモに立ち上がれば戦争を止め、辺野古基地建設を阻止することもできます! 全国の仲間と一緒に立ち上がり、国会での改憲案発議を阻止し、安倍政権を打倒しよう!   
(沖縄大学学生自治会委員長 赤嶺知晃)

沖縄大学の学生による県知事選に関する所感
沖縄大学の学生から県知事選について貴重な生の声をもらいました。全文を掲載します。

私が今回の県知事選において実感したのは、佐喜真陣営の歪な選挙対策である。佐喜真陣営は票数を稼ぐために、あらゆる県内企業・団体等主導で半強制的な署名集めを実施し、県民全体を取り込むためのマニフェストも無しに陣取り合戦に躍起になっていたのである。彼らは選挙を何だと思っているのだろうか?
 
 だが、今回の県知事選ではっきりと示された。沖縄県民から自民党政権及び辺野古基地建設に対しての宣戦布告だ。これまで、沖縄県民の民意が日本政府に無下にされることが幾度も繰り返されてきた。それでも、玉城氏へ投票した人はそれぞれ、辺野古基地建設に立ち向かう覚悟を持ち票を投じたのだ。政府に迎合しない県民の矜持を証明する選挙結果と言えるだろう。 (沖縄大学学生A )

2018年9月3日月曜日

7万人県民大会から辺野古基地建設阻止・全基地撤去実現するゼネストの闘いへ!

8月7日の県民大会に参加しました! 沖大学生自治会の決意表明!



 8月11日に開かれた県民大会に沖大学生自治会も参加しました。大会直前の8月7日に翁長県知事が急逝する中、会場の奥武山公園のグラウンドには7万人が集まりました。グラウンドが寿司詰め状態で入れなかったため、沖大学生自治会はすぐそばで集会に参加しました。会場には、追悼だけでなく「次は自分たちが主体になる」という熱気が溢れていました!
 この怒りと熱気よって、8月17日に強行されようとしていた辺野古への土砂投入が延期になりました。8月に辺野古に土砂を投入し、沖縄の怒りを押さえつけた上で9月末の臨時国会での改憲発議を狙っていた安倍政権の改憲・戦争のプランを民衆の力でぶっ飛ばしました!
 県知事選の投開票日が9月30日に決まりましたが、「オール沖縄」の誰が県知事選に出るかに沖縄の未来があるわけではありません。県による承認撤回の効果も工事を「一時的に止める」までとされています。基地建設を阻止し、基地を無くす力は土砂投入を阻止した民衆の力です。



 今こそ、労働者民衆の力を最大限に発揮する闘い、全島ゼネラルストライキ(全社会的なストライキ)の闘いに立ち上がる時です。1971年、沖縄では二度にわたって基地労働者を軸にした全島ゼネストが闘われ、ベトナム戦争の中で基地機能停止させ、戦闘機がベトナムに飛べなくなりました。
 また、辺野古基地建設と一体の「振興策」によって沖縄で非正規職が激増し、若者は低賃金と長時間労働に苦しめられてきました。「オール沖縄」を支援してきた県内企業「かねひでグループ」や「かりゆしグループ」もブラック企業です。
 「企業に使われるか? 社長になって使われる立場から脱するか?」それだけが青年の選択肢ではありません。団結して職場・キャンパスの在り方を変えよう!
 2017年、韓国ではゼネストや100万人デモの闘いで腐敗したパククネ政権を退陣させました。日本でも韓国のような闘いをしようと「改憲・戦争阻止! 大行進!」という団体が結成され、沖縄でも結成に向けて準備が始まっています。
 このビラを読んでいる青年・学生のみなさん、共に改憲・戦争阻止大行進運動を発展させ、ゼネストと100万人デモの闘いを実現しよう!




米軍基地内から立ち上がった沖縄の基地労働者!
 
大統領府、青瓦台の前を埋め尽くした韓国の民衆
パククネを打倒した100万人デモ!

2018年7月3日火曜日

アンケート集めています!



アンケート集めてます!

 沖大学生自治会は、沖大生が高額な学費に苦しみ、奨学金の返済やバイトに追われる現実を変えるために活動してきました。今回、「学生の貧困」の問題を解決するためにアンケートを集めています。沖大生全体の生活状況を明らかにし、これからの活動に活かしていきたいと思っています。沖大生のみなさん、協力お願いします。

沖大生全体の生活状況を明らかに!

あなたも知りたくないですか?   ある沖大生より

目標7月中旬までに200枚

沖大生みんなの力が必要一緒に集めよう!

2018年6月10日日曜日

日大はこれでいいのか!



●どうしようもない日大理事会の腐敗
 日大生のみなさん! アメフト・タックル問題で、「日本大学」が大焦点化しています。私たちは、勇気を持って声をあげた当該アメフト選手を全面的に支持します。
 問題は、選手への殺人的タックルの指示だけにあるのではありません。選手を「コマ」として使ったあげく、責任をなすりつけて切り捨て、自分たちは居直る。さんざん高い学費を巻き上げて学生を「モノ」扱いする。
 そもそも内田正人前監督は日大№2の常務理事(人事担当)であり、日大子会社の取締役としてボロもうけし、非正規教職員の大量解雇にも手を染めています。暴力団と癒着する田中英壽・日大理事長と同じ穴のムジナです。
●かつて10万日大生は立ち上がった
 「こんな大学おかしい!」「日大生の力で変えよう!」--今から50年前の1968年、日大生はまったく(裏面に続く)

大学の腐敗を告発した

   1968年の日大闘争

同じ理由で声をあげ、日本を揺るがす闘いをやりました。歴史に残る日大全共闘(全学共闘会議)の「日大闘争」です。
 出発点はまったく同じ、理事会の腐敗、そして学生をないがしろにしていることへの怒りです。34億円使途不明金問題に端を発した闘いは、自民党や右翼と癒着する古田理事会体制の打倒をめざす10万日大生の総反乱へと発展していきました。この闘いを甦らせよう!
●全国の仲間とともに声をあげよう!
 50年経っても、構図はまったく変わっていません。
 学生から自由も主体性も奪い、教育を金もうけの手段にする大学のあり方に対し、全国で抗議の声が広まっています。京都大の仲間は、キャンパスでの立て看板を全面禁止する規則に実力で抗議し、その様子はマスコミで大きく報道されました(右写真)。大学の主人公は学生です。学生には大学も社会も変える力があります。ともに声をあげましょう!

2018年6月6日水曜日

2018年度沖大学生自治会執行部選挙結果&所信表明



新執行部からのアピール

「たった1人ですが、沖大生全体の力を引き出すための1人になる!」
沖大学生自治会委員長 赤嶺知晃
 沖大生のみなさん、投票ありがとうございました!
 僕がこれから一年間どうやっていくのか? 疑問に思う人はいると思います。どうやって大学を変えていくのか? それとして僕は、たった一人です。でもみなさん、僕は全体の力を引き出す一人になっていきたいと思っています。
 今回の選挙でも、ある沖大生が「沖大生A君」として、みんなに「投票しよう!」とメッセージを書いてくれました。こういう風に、僕みたいに顔出したり名前出したりはできなくても、僕が先頭に立ってアンケートを集めたり、みんなでクラス討論で決議をたくさん上げて申し入れをしたり、そういう行動をやって全体の運動をつくっていく、そういう学生自治会にしたいと思っています。
 今年1月は、色んな妨害がありながら40人の学生がアンケートを書いてくれました。こうした中で。沖大当局は学生自治会のどんな申し入れも受け取らないとしていましたが、40人の学生が協力する中で、初めてアンケートを受け取らせました。沖大生が行動して沖大の常識を変えました! 選挙中、「駐車場を広くしてくれるんですか、なら投票します」と切実な思いで投票してくれる沖大生もいました。真剣な思いに応えて、学生の繋がりや団結をもっともっと大きくしていって、スローガンで掲げたことを現実にするために、1年間闘っていこうと思います! 沖大生みんなの力が必要です! 共に声をあげていきましょう!

沖大生A君のメッセージ


大学の主体は学生か?理事会か?

 大学は学生の自主性を養う為の機関でもあるので学生主体であるはずである。しかし、現状沖大では学生が大学の舵取りに関わることがほとんどできない。大学に不満や要望があったとしても、正直それが反映される気がしない。大学の窓口に相談してもそれは大学の都合を優先したうえで処理されてしまう。大学と学生が乖離している。
 以上のことから私は自治会選挙では信任に投票しました。大学側のコントロール下にない自治会が存在するという事は、学生の主体性が生きているという事です。私はそのことを大変嬉しく思います。

2018年5月31日木曜日

あかみね委員長候補が信任されました! (5月31日にまいたビラ)


【執行部選挙の報告】

 5月22日、2018年度沖縄大学学生自治会執行部選挙が最終日を迎え、投開票が行われました。結果は、「投票総数286票、信任票が236票、不信任34票、無効16票」。信任率82.5%で、赤嶺知晃委員長候補(法経学部4年)が信任されました!
 今年の投票総数は過去最多です(17年度は133票、16年度は101票、15年度は209票)。去年の選挙より、クラスを回る数や展開する時間が決して増えたわけではありません。しかし、多くの沖大生の仲間が積極的・自主的に次々と投票してくれました。今年1月の要求アンケートを集めて沖大当局に提出した取り組みや、4月新歓での「こどもの貧困」講演会(琉球新報記者の方が講師)が不当に不許可になったことを、全キャンパスに徹底的に暴露・弾劾してきたことで、沖大生の学生自治会への信頼がかつてなく高まっていると実感しました。沖大当局の誹謗中傷や妨害の中、総数2000人の沖大で286人が投票行動を行ったことは大きな意味を持っていると思います。
 今年の選挙で、最も沖大当局との力関係や沖大生の支持を感じることができたのは、2014年の自治会再建以来初めて、「常設投票所」を設置したことです(写真参照)。キャンパスの正門入って横の木の下に椅子と机を置き、大きな看板を2枚立て、沖大生と交流するために飲み物なども用意して、いつでも投票できるようにしました。この常設投票所はキャンパス中央で大いに目立ち、注目を集めました。
 重要なのは、一昨年5月に米軍属による女性殺害事件が起こった際には、キャンパスで「安倍たおせ」のノボリを一本立てることすら「やめろ」と弾圧職員を動員して妨害してきた沖大当局は、今回の常設投票所にはいっさい口出しも手出しもできませんでした。常設投票所のおかげで、自治会選挙は沖大生の一大イベントになりました。
 ピザを差し入れしてくれる学生(写真参照)、常設投票所で座っていると「今日も頑張ってください!」と声をかけてくれる学生もいました。やればやるほどキャンパスの雰囲気は良くなっていきます。常設投票所が沖大生との交流の場になる中、それに耐えきれなくなった沖大当局は、全国から選挙支援に来ている学友に対して「ずっとそこにいるなら『建造物侵入』で警察に通報するぞ」と恫喝してきました。しかし、それでも投票を行う沖大生のうねりをとどめることはできません。
 最終日(22日)の高揚はすさまじく、昼休みに赤嶺候補がビラをまきながら投票を呼び掛けていると、自分から「投票したいです」という学生が次々とあらわれました。最後まで沖大生の温かい雰囲気の中で、団結と連帯を感じながらやり抜けました。投票期間中に仲地博学長を発見して赤嶺候補が追及したら、何も答えられずに慌てて学長室に逃げ帰ったことも含め、沖大当局との力関係は明確に転換しています。
 キャンパスから改憲・戦争をとめ、基地をなくすため、沖大自治会はこれからも全国学生運動の最先頭で闘います!(全国学生F)